第2回 MuSASHi RT HARC-PRO. スカラシップトレーニングがツインリンクもてぎにて開催されました。前回と同じく、午前中はフィジカルトレーニング、午後は南コースにて実走行による基礎練習が行われました。

◆藤原毬花 スカラシップ生のコメント(担当インストラクター/坂田和人)

前回のトレーニングで、フィジカルトレーニングが全くできていなかったため、その後、トレーニングメニューを作成し、自宅で実行しました。今回、腕立て伏せや、腹筋に関するトレーニングが、前回よりできたことは、毎日、続けた結果だと思います。

しかし、今回も、前回同様に、トレーニング後、足、肩に痛みがでました。次回までに、足、肩のトレーニングを重点的に行い、体力、筋力を少しでも増やしたいと思います。そのために、再度、トレーニングメニューを見直し、毎日、持続していきたいと思います。

第2回トレーニングに参加させていただき、ありがとうございました。次回も頑張ります。

◆坂田和人インストラクターのコメント(担当ライダー/藤原毬花)

第1回開催時は、全てのフィジカルトレーニングで一番回数が出来なかったのですが、今回はしっかりと自主トレーニングを行なってきたようで、回数的には前回を大きく上回ることとなりました。前回指摘した「出来ない時に直ぐに諦めてしまう」ということもなく、最後まで弱音を吐かず頑張っていた姿が印象的でした。これを繰り返すことにより、必ず自信に繋がると思うので、今後の成長を見守っていきたいと思います。

まだまだ、多くの課題がありますが、全てがすぐに直せるものではありません。ひとつひとつ課題を確実にクリア出来るようになってもらいたいです。それを積み重ねれば、必ず大きな成果になるはずです。

 

◆野間一綺スカラシップ生のコメント(担当インストラクター/小山知良)

第1回と第2回が同じトレーニングスケジュールでしたので、今回までの間の課題に対する私の取り組む気持ちでは、全く足りない事がはっきり認識できた回でした。

私は、前回の終わりに出していただいた課題のフィジカルトレーニングについて、まだまだ自分を限界まで追い込んで出来ていなかったんだと思いました。他の同期は、前回よりも大幅に回数を増やし、しっかり準備できた状態で今回のトレーニングに臨んでいたのがよく分かりました。第2回の開催時点で大きな差ができてしまったと感じました。

今回は、自分への甘さを痛感しましたので、次回までの課題として、日々進化出来るように意識改革をします。

◆小山知良インストラクターからのコメント(担当ライダー/野間一綺)

前回課題であった腕の筋力不足と、体幹力不足ですが、僅かしか進歩が感じられませんでした。次回までの課題として、腕の筋力アップと体幹力アップの課題を出し、1日1時間でも構わないので、内容の濃いトレーニングをするように伝えました。最大の課題は、まず次回までにバイクに乗るのに必要最低限の筋力を付けてくることだと感じたので、強く指導しました。

 

 

◆坂東遼翼スカラシップ生のコメント(担当インストラクター/水野涼)

前回よりも筋力が付き、大分出来るようになりましたが、さらにきつくしていくとまだまだ回数も出来ませんでした。また家で行う際にはだんだんと回数を増やしていき、今回行った回数よりも多くできるよう頑張っていきたいと思います。
トレーニングでイメージの通りに体を動かすことができないと、バイクに乗った時もイメージ通り乗れないので、意識して動かすことが大切だと思いました。
次回までの課題として、更にフィジカルトレーニングを積むこと、ブレーキによるサスの動きを意識すること、コーナー中にお尻をもっと落とすこと、の3点をしっかりやっていこうと思います。

ご指導ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。

◆水野涼インストラクターからのコメント(担当ライダー/坂東遼翼)

柔軟体操から始まりましたが、遼翼は身体が柔らかく高い柔軟性を持っていました。この柔軟性はライディングしていく上で強い武器となるので、今後も続けて欲しいと思います。

前回の課題であった腕立て伏せは見違える程回数が伸び、努力してきた成果が見え大変嬉しく思いました。ただフォームに若干乱れがあったりまだまだ筋力が足りている訳でもないので、更に続けて欲しいです。

今回バランスボールを脚で挟み上下するトレーニングを行った際、全く上げられず上半身と比べると下半身の筋力が全くありませんでした。今後は下半身の筋力向上をメインにトレーニングしていく事が課題だと思います。

今回は前回以上に深いポイントの課題を見つけることが出来ました。回数を重ねる度成長を感じますが、まだまだ課題は山積みなのでどんどん成長して欲しいです。

 

より詳しいレポートはこちらから!!