武蔵精密工業は「MuSASHi-RT HARC-PRO」のメインスポンサー企業です。チーム情報・レース開催情報・レース結果などを発信しています。
アジアロードレース選手権

RACE REPORT

Round 06

Chang International Circuit(THAILAND)

  • 開催日12月02日() - 03日()
  • コース全長4.554Km

It's final in 2017

The Grand Finale of the sponsor titled IDEMITSU Asia Road Racing Championship have begun in Chang International Circuit, Thailand.

2017シーズン最終戦がタイのチャン・サーキットで開催された。
予選
12月02日(土)
天候:FINE路面状況:DRY
  • SS600 Zaqhwan Zaidi 8
  • SS600 Teppei Nagoe 11

MUSASHi Boon Siew Honda Racing have prepared new engine for #21 Zaqhwan to fight for the championship points. Practice 1, he has to run-in the engine. After the run-in laps are done he clocks in the fastest lap 1,39;957s. He was motivated with the result. During Practice 2 (Out Lap) in the last corner #59 Ratthapong sudden slowdown which makes #21 Zaqhwan couldn’t avoid him and crash. Team has taken #21 Zaqhwan to the hospital to check on his condition. Rider condition okay with a slight pain. Team have changed on the electronic system (Harness wire & etc.) on the race machine for the race weekend. On day 2, #21 Zaqhwan still have some pain on his lower back. #21 Zaqhwan will start 8th in the starting grid and #634 Teppei in 11th after the qualifying session.

最終戦にランキングトップで臨むザクワンのためにチームはニューエンジンを用意。万全の体制でレースウイーク入りとなった。このバックアップを受け、ザクワンは1回目のフリープラクテイスでエンジンのならしをしながら徐々にペースアップ。1'39.957のタイムをマークし、トップでこのレースウイークをスタートすることに成功した。ところが2回目のフリープラクティス開始早々、最終コーナーでザクワンの目の前の車両が突然スローダウン。これを避けきれずに転倒してしまった。
ザクワンは救護室へ運ばれたが、若干の痛みだけで大きなケガはなく、大事には至らなかった。チームは電装系をスペアマシンに移し、次の走行に備えることとなった。
二日目のセッションにザクワンは痛みをこらえながら参加し、8番手のスターティンググリッドを獲得。名越は11番手となった。
決勝
12月03日(日)
  • SS600 Zaqhwan Zaidi 10/7
  • SS600 Teppei Nagoe R/13

Race1 begins with more motivation for the team. #21 Zaqhwan doesn’t want to make any mistake to lead the championship. He maintain in the 2nd group until the last lap in the last corner he tries to out-brake his rivals but went over-shot and finishes the race in 10th position. #634 Teppei crashed in the 3rd lap, pit-in, team fix on the injury that occurred and return to race track again to check on the race machine condition for tomorrows race. Before going out for Race2, teammates gather together with both riders in a circle to cheer them up. #21 Zaqhwan more fired-up in the 2nd group once again without giving up he tries to again at the last corner like in Race1 and overtakes 3 rivals taking him 7th position. #634 Teppei finishes in 13th position.

レース1へチームは高いモチベーションで臨んだ。ザクワンはランキングトップの座を守るため、ミスは許されない状況だ。セカンドグループに加わったザクワンはラストラップまでその位置をキープし、最終コーナーでライバルを交わそうとトライしたが前に出るまでには至らず、10番手でフィニッシュとなった。哲平は3周目に転倒。ピットインしてきた。チームはライダーのケガとマシンをチェックし、特にケガも無かったことから、マシンの状態確認の意味も含め、コースに哲平を戻して走行することを選択した。

第2レース前、二人のライダーはグリッド上で集まり、お互いの健闘を誓い合った。ザクワンは再び第2グループに加わり、レース1同様、最終コーナーで仕掛け、今度は見事3台抜きに成功して7位フィニッシュとなった。哲平は13位でゴール。

ライダーランキングはザクワンは2位、名越が11位 チームランキングは2位

TEAM COMMENT

Zulhelmi Ahmad - Team Manager
I’m very satisfied for the Rider Overall & Team Awards. We know that it’s a burden to maintain this championship it’s on Zaqhwan when he is on the track. Team have made the best but when in the track Zaqhwan has to challenge all by himself. Good job to Zaqhwan for finishing the season 2017 with 2nd overall rider championship even though we didn’t get any podium in this grand finale. We also know that Chang Int. Circuit is fast track for the other manufacturers. Zaqhwan has to fight all by himself not like the previous year where he has #52 Zamri Baba & #72 Yuki Takahashi. Teppei in this season 2017 for his overall it’s satisfying as every session he has some improvement on his riding skill but was quite slow. For his future he needs to be more hard working and use Free Practices as soon as possible. I take this opportunity to thank all the sponsors for this cooperation & corroboration in the future. We will accomplish together.

ライダー、チームスタッフ全員が良い仕事をしてくれ、ライダーランキング2位、チームランキングも2位という結果を得たことにはとても満足しています。残念ながら5年連続で獲得していたチャンピオンの座を失ったことは残念ですが、ザクワンはベストを尽くし、ランキング2位をゲットしてくれました。最終戦で我々は表彰台に上がることができませんでした。最終戦が行われたチャンサーキットは高速コースで、ライバルメーカー向きといえるレイアウトと言えます。哲平も初のアジア選手権挑戦の年となり、全セッションでライディングスキルを向上させる走りを見せてくれました。ただ彼の場合、その進歩が少しゆっくりだったことが、目覚ましい活躍には繋がらなかった理由だと思います。今後の彼の課題は、さらなるハードワークと、フリープラクティスの時間の有効な使い方になってくると思います。こうしたチャンスを与えてくださったすべてのスポンサーの皆様に感謝を述べたいと思います。引き続き、一緒にチャレンジしていきましょう。
PAGETOP