第2回 MuSASHi RT HARC-PRO. スカラシップトレーニングがツインリンクもてぎフルコースにて開催されました。今回は、南コースでの実走行によるトレーニングの後、フィジカルトレーニングが行われました。

■インストラクター

坂田 和人/小山 知良/小林龍太

■メカニック

工藤 広之

■スカラシップ生

若松 怜(13歳) … NSF250Rにて、アジア・タレント・カップ、地方選手権に参戦

江澤 伸哉 (13歳)・・・NSF250Rにて、地方選手権に参戦

小合 真士 (13歳)・・・CBR150Rにて、地方選手権に参戦

 

◆若松 怜スカラシップ生のコメント(抜粋)(担当インストラクター/坂田和人)

走りに関しては、片腕走行が上手く出来なかった、コーナー進入でのイン付きが早かった、奥までブレーキを引きずれず、コーナーで小さく回れませんでした。今後の課題は、イン付きをもっと遅らせ、バイクを寝かし込むタイミングを奥にする。初期でブレーキを掛けすぎないで、フロントブレーキを奥まで引きづれず、それが原因でプッシュアンダーになってしまうので、奥までブレーキを引きずる。開け待ちを自分の物にする。このような事を今後の課題として、練習をしていきたいと思います。

フィジカルトレーニングでは、まだまだ筋力が足りていないと思いました。今後のサーキット走行、家でのフィジカルトレーニングを頭に入れてトレーニングをしたいと思います。

◆江澤伸哉スカラシップ生のコメント(抜粋)(担当インストラクター/小山知良)

南コースでは今回の課題である、ブレーキフォームの改善「相手を抜かすとき、抜かせなかった時にリカバリーする」この2つを課題に意識して走行しました。

最初の慣熟走行では、リカバリーすることを意識し過ぎてしまい、後続のライダーがインに入って来たときに冷静に対処することができず、クロスラインをとらずに、相手のマシンにかぶせる様な走行をしてしまいました。そのため、アウトに膨らんでしまいました。その後、小山インストラクターから、「リカバリーをしたり、クロスラインをとったりするときは、路面状況などを考えて、冷静に対処して走ること」をアドバイスして頂きました。

まだまだ、上手くリカバリーができていないので、小山インストラクターからのアドバイスを実践して、自分でも工夫をしながら、イメージトレーニングをして、次回のスカラシップでトライしていきたいと思います。

◆小合真士スカラシップ生のコメント(抜粋)(担当インストラクター/小林龍太)

フィジカルトレーニングでは前回のトレーニング後、自分の課題に気付いているのにも関わらず、しっかりと取り組めていなかった自分の気持ちの弱さに反省しています。バランスボールを使った腕立て伏せでは、10回がやっとで支えてもらわないと続けられず、他の人達について行けませんでした。

バランスボールのV字腹筋では上半身が上がらず、普通の腹筋をやって見ましたが今までやっていた腹筋では意味がなかった事に気付けました。指導されてやった腹筋ではしっかりとお腹に力が入る感覚が分かりました。腹筋を鍛えて、ライディングに必要な筋力を付けることがフォームの改善に繋がると感じています。

次回のトレーニングではしっかりと成果を発揮出来るように努力をしたいと思います。

ギャラリーはこちらかから