第3回 MuSASHi RT HARC-PRO. スカラシップトレーニングがツインリンクもてぎフルコースにて開催されました。今回は、フィジカルトレーニングの後、南コースでの実走行によるトレーニングが行われました。

■インストラクター

坂田 和人/小山 知良/榎戸育寛

■メカニック

工藤 広之

■スカラシップ生

若松 怜(13歳) … NSF250Rにて、アジア・タレント・カップ、地方選手権に参戦

江澤 伸哉 (13歳)・・・NSF250Rにて、地方選手権に参戦

小合 真士 (13歳)・・・CBR150Rにて、地方選手権に参戦

 

◆若松 怜スカラシップ生のコメント(抜粋)(担当インストラクター/坂田和人)

今回のムサシスカラシップトレーニングを終えて次のことを思いました。

・フィジカルトレーニングでは、以前より良いがまだまだ筋力と体力が足りていない。

・常にバイクに乗る姿勢を意識してトレーニングをする。

・走りに関しては、リアブレーキをクリップまで引きずる。

・S字、複合コーナーの1つ目を頑張り過ぎない。

・V字のライン取りを意識して走る。

・コーナー進入の際、早くイン付かないようにする。

・1人での走行でも坂田校長のようなライン取りをする。

・コーナー入り口でスピードを殺す。

・クラッチ操作を雑にしない。

・前後で荷重を入れる。

 

◆江澤伸哉スカラシップ生のコメント(抜粋)(担当インストラクター/小山知良)

質疑応答の時間では、何を質問して良いか分からずに、本田会長からの貴重なアドバイスを無駄にしてしまったので、次回からは自分から疑問に思ったことをどんどん聞いて、知識を増やしていきたいと思います。

今回のスカラシップでは前回よりたくさんの課題が見つかり、フィジカル面でも走行面でも足りないところが明確に理解することができたので、今回アドバイスしていただいたことを今後の走行に活かし、次回のトレーニングまでに一つでも多くの課題を改善できるよう頑張りたいと思います。

 

◆小合真士スカラシップ生のコメント(抜粋)(担当インストラクター/榎戸育寛)

最後に行った外周路の走行は、自分は今日1日の練習のまとめだと思いながら走りました。メインであるリアブレーキの重要性、いつものブレーキングポイントよりも奥でかけられるようになりコーナーリング中でもスピードコントロールが出来るようになった事が感じられました。

今回学んだ事をしっかり理解し忘れないように自分の課題に取り組んで改善して行かなければいけないと感じています、特にフィジカルトレーニングについては、自分の最大の課題だと思っているのでしっかり取り組んで、次回までに少しでも成長した姿で参加出来るように頑張ります。

 

→ギャラリーはこちらから