7 MuSASHi RT HARC-PRO. スカラシップトレーニングがツインリンクもてぎにて開催されました。

■インストラクター
坂田 和人/小林 龍太/榎戸育寛

■メカニック
工藤 広之

■スカラシップ生
若松 (13) NSF250Rにて、アジア・タレント・カップ、地方選手権に参戦
江澤 伸哉 (13)・・・NSF250Rにて、地方選手権に参戦
小合 真士 (13)・・・CBR150Rにて、地方選手権に参戦

◆若松 怜スカラシップ生のコメント(担当インストラクター/坂田和人)

今回は、前回のスカラシップで指摘を受けた、複合コーナーの切り返しの2個目のコーナーでしっかりアウトに振ること、必要以上にバンクを深くしすぎないこと、自らトライをすることをこころがけて走行しました。

ロードコースで、先生が先頭で引っ張ってもらえるとタイムは出せるのにスカラシップ生が先頭に立つとどうしてもペースが上げられないことや、南コースではトライはするが、諦めが早いことが

今回特に言われたのが、僕は、質問をしなさすぎると言うことでした。なぜ先生に離されるのか、なぜスカラシップ生と離される所と追いつく所があるのか、なぜアクセルを開けられないのかなど、もっと積極的に聞いていきたいと思います。

◆江澤伸哉スカラシップ生のコメント(担当インストラクター/小林龍太)

今回のスカラシップでは、自分の一番の課題である「3つのバンク角を使い分ける」「フルバンク時のバンク角を深くし、素早く旋回すること」「コーナーの進入時から腰を入れて、リアに荷重をかける」という3つの課題を習得することができ、とても実りのある回でした。しかし、「習得した」だけでは、すぐに忘れてしまい、また振り出しに戻ってしまいます。今回学び習得することができた課題を忘れてしまわないように「更に、良くするためにはどこを改善すればよいか?」という事を常に考え、今回のスカラシップを自分自身の新たなターニングポイントとして、更に更に高みに行けるよう日々努力していきたいと思います。

◆小合真士スカラシップ生のコメント(担当インストラクター/榎戸育寛)

終礼後に榎戸インストラクターから、色々とアドバイスを頂きました。

その中で1番大事だと思った事、「走行時ここでバイクを曲げる、ここで曲がる」と言う気持ちを持って走る事が大切だと教わりました。

今まで自分にはこの気持ちが弱かった為に、メリハリが無い走りであったり、ブレーキングポイントやクリッピングポイントを見つける事を優先して走行したりしていたので、自分は何処で止まりたいか、何処で曲がりたいかと言う意思が弱かったと気付きました。

今回も新たな課題が更に見つかり、普段の取り組みを今まで以上に変えて行く必要が有ると感じました。まだまだ改善が必要な所があるので、残り少ない時間の中で努力して結果を出したいと思います。