全日本ロードレース選手権All Japan Road Race Championship

RACE REPORT

Round03

9/19Sat -9/20Sun

オートポリス(大分県)

コース全長4.674kmKm

金曜日の走行は中止。土曜日からの走行に

 8月9日に開幕した2020シーズンだが、9月5日・6日に予定されていた第2戦岡山国際大会は台風12号の接近によって中止。9月19日・20日に大分県オートポリスで開催される今回の第3戦が実質上、今年の第2戦となる。

 1年に1回開催されるオートポリスでのレースはほとんどの参加者にとって走行時間が少ないことから、通常はレースウイークの1週間前に事前テストが行われる。しかし新型コロナ感染防止の影響から、走行を支えるコースオフィシャルが集まりにくく、事前テストはなし。さらに通常のレースウイークは、金曜日のフリー走行を経て土曜午前中から各クラスの予選が行われ、日曜日の決勝日となるのだが、土曜午前中もオフィシャルの集まりが難しく、土曜午後から全日本選手権としてのスケジュールをスタートさせるという1日半のスケジュールとなった。

※選手権は予選からがスタートなる(フリー走行は含まれない)

 このレースのJSB1000クラスにMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaから水野 涼が、ST1000クラスにMuSASHi R HARC-PRO.から名越哲平がそれぞれ参戦した。

9/19 Sat 予選 天候: 路面状況:

JSB1000

水野 涼

Race13 Race23

ST1000

名越哲平

2

金曜日の走行は中止。土曜日からの走行に

 事前テストがなかったことから、金曜日の走行時間が非常に貴重であったが、秋雨前線が九州地方に停滞。その影響によって、オートポリスは霧というよりも濃い雲に包まれてしまった。結果、視界不良のため全クラス、金曜日の走行はできず、土曜朝のフリー走行からとなった。

 幸いなことに土曜日は朝から綺麗に晴れ上がり、前日の濃い雲が嘘のようなコンディションとなった。

 今回の大会でJSB1000クラスは、土曜夕方に第1レースが、日曜午後に第2レースが組まれている。予選は40分間1本。ベストタイムが第1レースの、セカンドベストタイムが第2レースのグリッドとなる。

 水野は午前中のフリー走行2周目で1'50.912をマーク。新型マシンで初のオートポリスの走り出しとしては悪くないフィーリングを得た。結局、このセッションでは8周目に1'49.250がベストとなりトップから0.359遅れ、総合で3番手に付けた。午後の予選ではさらにタイムを詰め、ベストが1'48.187、セカンドベストが1’48.403で、第1レース、第2レースともフロントロウ3番グリッドを獲得した。

 ST1000クラスの名越はフリー走行を1'52.492のタイムで3番手となり、午後の予選では1'51.342をマークし、2番グリッドを獲得した。

9/20 Sun 決勝 天候: 路面状況:

JSB1000

水野 涼

Race13 Race2R

ST1000

名越哲平

2

水野、第1レースで3位!名越、ST1000初表彰台の2位!

 土曜日の午後4時5分からJSB1000クラスの第1レースが15周で行われた。午前中は綺麗に晴れ上がったが、午後は時間の経過とともに雲が多くなり、さらに風も吹いてきた。気温は予選時が手元計測で25度、決勝時はそれが19度まで下がった。このために路面温度も予選時は35度あったが、決勝前には25度と10度も下がっていた。

 そんなコンディションの中で第1レースがスタート。水野はまずまずのスタートを切り、4台で構成されるトップグループに加わり、2周目には2位までポジションを上げて積極的に前に出ようとトライする。決勝になり路面温度が下がったことで、どのライダーもペースを上げるのは難しいようで、4台が団子状態で周回する。3周目には4位まで順位を落とした水野だったが、10周目に3位に浮上しさらに前を追う。ところがラスト1周となった14周目、転倒車両からオイルが出たために赤旗が提示され、レースはここで終了。12周時点での順位が最終的な結果となり、水野は3位で表彰台獲得となった。

 翌日朝のウォームアップ走行で水野は終盤までトップタイムをマーク。第2レースでの活躍が期待されたが、4位走行中の2周目に転倒。リタイヤとなってしまった。

 ST1000クラスの名越は序盤に2位争いを展開し、そこから抜け出して単独の2位を走行。そのまま2位でチェッカーとなり、ST1000クラス初表彰台登壇となった。

Team Comment

本田重樹監督

 ST1000クラスの名越は金曜日の走行がキャンセルされてしまったことから、オートポリスのコース走行経験のないマシン、タイヤで、ほぼぶっつけで予選となりました。でも、それなりの感触を得て決勝を迎え、その中で名越のできる、自分の持っているライディングスキルの中でやりきりました。優勝した高橋選手のように幅のある走りができれば結果も変わったはずですが、それは今後に期待します。JSB1000の水野は、レース1の周回数が短いということで、チョイスするタイヤもずいぶん考えたのですが、ライバルのヤマハ2台に遅れたくないので、結果的には同じタイヤを選びました。そのため、結果は想像したようなものとなりました。もう少し攻められるところがあるのかな、と課題が残りましたのでそれをレース2に活かそうと、レース1で出た問題点を反映させてセットを進めていったのですが、想像以上に路面温度が低く、早い段階でスリップダウンとなってしまいました。今回出た課題を今後2戦にしっかりと活かし、さらに上を目指したいと思います。

堀尾勇治チーフメカニック

 ST1000の名越は開幕戦を転倒で終わっているので、今回はまずしっかりとゴールしないといけないという使命感を持っていたと思います。SUGOで転倒が続いて少しリズムを崩していたのですが、彼が得意なオートポリスのコースに来て、鈴鹿のテストで見せていた走りを取り戻しつつありました。でも優勝した高橋選手との差はまだあり、そこを詰めようとトライしましたが、まだ足りませんでしたね。とは言え、今回は高橋選手が見える位置でゴールできたので、足りない部分はしっかり確認できたと思います。名越の伸び代を我々がどうプッシュさせられるか、しっかり考えてもてぎ、鈴鹿と戦いたいと思います。JSBの水野はコロナ渦の中、いろんなマシンに乗ってテストしたりもしていて、成長著しい。経験値は誰よりも上がっていると見ています。そういう中で迎えたオートポリスで、トライをしつつ新型マシンの美味しいところを探しています。でもライバルであるヤマハの牙城は高い。今の状況で、100%近いところで走ってくれています。そこに経験がプラスされてもまだライバルに届かないのは、マシン面でのマージンがないところです。それが決勝の展開によっては、第2レースのように、スタートがうまくいかないと、トップ争いを展開するのは第1レースと同じ3台だったから、早く追い付いて良い展開に持ち込みたかったのですが、その前に転倒で終わってしまいました。苦しいレースを強いてしまっているのは明らかなので、良い状態でレースに臨めるよう、さらに色々考えて準備をしていきたいと思います。

水野 涼

 今回は事前テストなしでレースウイークを迎えることになったのですが、これは自分にとって全日本に上がってから初めての経験で、その部分では少し不安がありました。特に今シーズンに関しては新型マシンということでオートポリス用のデータもありませんでしたし、各サーキットすべてに対してイチからデータを作っていかなければならないので、最初のセッションが終わるまで先が読めない状況でした。結果的に金曜日の走行が視界不良ですべてキャンセルとなり、土曜日、午前中のフリー走行から走り始めたわけですが、開幕戦で差を付けられてしまったヤマハ勢との差を詰めることができ、レースを戦える手応えを感じました。予選タイムもアベレージタイムも十分戦える範囲内と見ていました。レース1は3位に終わりましたが、内容的には開幕戦時よりも差を詰めることができましたし、レース2はもう少しその差を詰めようと、日曜日の朝フリーの時間をフルに使ってさらにセットアップを進めました。このフリー走行のセッションも終盤までトップタイムをマークすることができていましたし、自分の中では第2レースが楽しみになっていました。その第2レースはスタートを失敗したのですが、焦らず差を詰めようと自分を抑えながら走っているにも関わらず、コース後半セクションに入ったらトップグループとの距離が思っている以上に近付いているので、このまま落ち着いて走ろうとセーブしていたら2周目に転んでいた、という状況でした。シリーズのポイント争いは厳しくなりましたが、目の前の1戦1戦に集中してマシンを速く仕上げ、充実したレース内容にもっていけるようにしたいと思います。

名越哲平

 事前テストなしでレースウイーク入りし、さらに金曜日は視界不良で走れず、土曜日午前中のフリー走行をぶっつけで走る状況になってしまいました。でもデータがない状態で走り始めた割には感触も良く、元々オートポリスは自分と相性が良いということもあり、セットアップを順調に進めることができました。ただ、時間がない中でセットアップを進めていったので、レースになって他の人にラインを制限される状況になるとセットアップを詰め切れていないところが何箇所か出てきて、苦しかったですね。優勝した高橋選手はチームで事前にテストに来ていたとは言え、セッティング能力的にもタイヤの使い方にしても現状では上です。開幕戦で転んでいるので、今回はまず完走してデータを取ることを最優先にしていましたが、正直差を付けられての2位は悔しいです。でも、開幕戦ではトップグループに付いていくのが精一杯だったけど、今回は単独の2位で、後ろのグループを離すことができましたし、そこは良かったかなと思います。もてぎはこのバイクでシェイクダウンして、JSBのマシンでも走っているので、今回よりも良い状態で戦えると思います。