全日本ロードレース選手権All Japan Road Race Championship

RACE REPORT

Round05

10/31Sat -11/01Sun

鈴鹿サーキット(三重県)

コース全長5.821Km

水野は4位、名越は5点差のランキング2位でシーズン終了

2020シーズンの全日本最終戦MFJ-GPが10月31日・11月1日に三重県鈴鹿サーキットで開催された。このレースにMuSASHi RT HARC-PRO. HondaからJSB1000クラスに水野涼、MuSASHi RT HARC-PRO.からST1000クラスに名越哲平がそれぞれ参戦した。

当初の予定では10月31日・11月1日は鈴鹿8耐が開催予定だったが、新型コロナの影響から中止。多くの参戦チームからの希望もあり年初に計画されていた全日本最終戦が復活し開催されることとなった。

例年、最終戦は事前テストが開催されず木曜日に特別スポーツ走行が組まれ一日多いスケジュールとなっており、今年もそのスケジュール通りにスタートした。

新型CBR1000RR-Rは、改造範囲が狭くノーマル状態での性能の高さが速さに直結するST1000クラスではここまでのレースで上位を独占。特に名越はシーズンが進むにつれてセットアップがうまくいき、前回のもてぎでは見事優勝を飾ることができた。木曜日も走り出しから速さを見せ、1本目は2'11.826で11番手と慎重に入ったが、2本目はセッション終盤に連続して2’9秒台をマークしてトップとなった。

サスペンションやエンジンなど、ST1000クラスよりも改造範囲の広いJSB1000クラスはマシンバランスをうまく取りながらパフォーマンスアップを図らなければならないため、セットアップが難しい。今シーズンは様々なパーツを開発しながらレースをこなしてきているが、まだまだ進化途上にある。今回も新たなトライに木曜日から取り組んだが、なかなか狙っているレベルに到達できない。1本目が2'07.838で6番手、2本目は2'08.948とタイムを落としてしまい10番手となった。

金曜日のART合同テスト1本目でもST1000クラスの名越は好調さを維持し、1本目2'09.426、1本目2'09.150と両セッションでトップタイムをマークする。対するJSB1000クラスの水野は1本目2'07.716で7番手、2本目2'07.168で6番手と本来の位置から遠い場所で苦しむ。

10/31 Sat 予選 天候: 路面状況:

JSB1000

水野 涼

Race15 Race26

ST1000

名越 哲平

1

土曜日は午前中に各クラスの予選が行われ、JSB1000クラスは午後に第1レースが組み込まれている。ST1000クラスの予選では名越が2'08.839と唯一の8秒台をマーク。見事ポールポジション獲得を果たした。JSB1000クラスの水野は計測2周目に6秒台へ入れ、ラストラップに2'05.702をマーク。このタイムで第1レースは5番グリッドとなった。セカンドベストは2'06.040で第2レースは6番手からスタートする。

午後の第1レースで水野はうまくスタートダッシュを決め、3番手で1コーナーへ入る。しかしこのレースウイーク中にタイムを本来のレベルにまで持っていけない水野はトップグループのペースまで上げることができず、単独の5位走行となりそのままゴールとなった。

翌日曜日朝のウォームアップ走行は19度と気温がまだ上がりきらないコンディションの中で行われた。ST1000クラスの名越はタイムこそ2'09.419で3番手だったが、決勝へ向けたセットアップを確認し、手応えを感じるセッションとなった。水野は前日のセットをさらに進めた結果4番手となり、こちらも決勝に向けて期待が高まっていく。

11/01 Sun 決勝 天候: 路面状況:

JSB1000

水野 涼

Race15 Race24

ST1000

名越 哲平

1

名越、5秒7の大差を付けてトップチェッカー

ST1000クラスの決勝がスタート。名越は慎重に1コーナーに入り3番手となると、その後のデグナーコーナー1個目で前の2台を一気にパス。2周目に2'09.291、3周目に2'08.888、4周目 2'08.988と2周連続して8秒台でラップする名越に対し、後続は9秒から10秒台。そのため周を重ねる毎に差は広がり、最終的には5秒7の大差を付けてトップチェッカーを受けた。またこのレース中、ランキングトップに立っている高橋裕紀選手がスタートでフライングをし、ライドスルーペナルティを受けて最後尾まで落ちてしまい、あわやノーポイントという状況となった。そのままの状況でゴールすれば逆転で名越にチャンピオンの座が与えられることになるが、最終的に高橋選手は16位でゴール。8ポイントを獲得し、名越は5点差のランキング2位でシーズン終了となった。

JSB1000クラスの水野は序盤から5番手を走行。トップグループの1台が転倒したことから順位が4位に上がり、そのままのポジションでゴールとなった。

Team Comment

本田重樹監督

ST1000の名越はシーズン後半になってすごくマシンをまとめるのが上手になりました。今回のレースウイークもアベレージタイムが良く予選では唯一の8秒台に入れ、レースでも8秒台ペースで走り独走優勝できました。開幕戦で転倒してノーポイントだったということが最後まで響いて、チャンピオンを取れるくらいのパフォーマンスを見せたのにそれが取れなかったのはちょっと残念。ただ、名越に関しては十分及第点を与えられるので、来年はさらにステップアップして良い走りをしてほしいですね。JSB100の水野に関してはレース1、レース2とも消化不良の状態で終わってしまいました。マシンが水野の技術に対して少し足りない状況でした。マシンを仕上げきれなかったのが悔やまれます。もうちょっと高いレベルにマシンを仕上げられればさらに上を狙えたはずで、少なくともトップグループに離されるようなレースにはならなかったと思います。でもそれも限られた時間の中で精一杯やった結果なので、今後、水野がどんなフィールドでもトップ争いできるようになれば良いですね。今年は短いシーズンになってしまいましたが、たくさんの応援をありがとうございました。

堀尾勇治チーフメカニック

JSB1000はシーズン終盤に来ても新型CBRの開発途上にあり、水野のポテンシャルを出し切れずにいます。ホンダ勢はどのチームも上を目指しいろいろトライしている中で、うちはそこを打ち破るべくこの最終戦に新たなトライを持ち込んでみました。でも事前テストがないというスケジュールのため、それは現場でセットアップしないといけない状況でした。新たなトライは現状のネガを救うためのもので、良かれと思って取り組んだものだったのですが残念ながら時間が無くて詰め切れませんでした。とは言え、そういうトライは続けていかないと、現状のまま戦っていても目の前に立ちはだかっている山を乗り越えることはできません。でもレース結果的には5位と4位。この結果というのを覆して去年のようなリザルトを残していくにはまだまだ完成度として足りていません。現場でレースをすると課題や必要な物が明確になりましたので、来年はしっかりと準備をして取り組んでいきたいと思います。ST1000の名越はオートポリス、もてぎと得意なサーキットが続き、そういうところで結果を出し始めていたし、シーズンオフにJSBや8耐のテストにも出ていてコースは熟知しているので、勝つという強い意志を持ってレースウイークに乗り込みました。チャンピオンは相手次第でこちらとしてはどうしようもないので、とにかく勝てるレースをしようとそれだけに集中しました。その通りに強いレースをしました。それができるというのはひとえに、今年の彼の成長です。ホンダのエースを目指してさらに頑張ってほしいですね。1年間、ありがとうございました。

水野 涼

前回のもてぎもそうでしたが、事前テストがない中での一日多いレースウイークとなりました。こういう限られたスケジュールになるとスタートが良ければ良い流れになりますが、逆に出だしが良くないとなかなか修正できずにセッションがどんどん進んでしまうことになります。今回の自分は残念ながら後者の方になってしまい、トラブルなども抱えながらのウイークスタートになってしまいました。予選になってやっと普通の状態で走れるようにはなったけど、木、金という二日間の遅れから、予選が自分にとってのFP(フリープラクティス)1になってしまい、レース1、レース2ともにその遅れが明確な形となってリザルトに出てしまいました。トラブルは誰もが出したくて出るものでもないし仕方がない所ではありますが、そういうことを起こしてしまった自分にも責任があると思うし、最終戦に何もできない形で終わるのは悔しいですね。今シーズン、自分の走りがしっかりとできず、やりきれない形のシーズンだったので悔しい1年になりました。でもテストを通してスキルアップ以上にどうやればチームを動かせるのか、どうやればバイクをもっと良くしていけるのかということをすごく学ぶことができ、自分にとってとても良い経験になりました。今年1年、苦しいシーズンでしたが、いちライダーとして実のある1年になりました。それが結果に結びつけられなかったのは悔しいですが、この経験が今後に生きてくると思うので、それを来年、結果で恩返ししたいと思います。

名越哲平

オートポリスから流れがすごく良く、もてぎもしっかり走れてそのベースがあったので、このレースウイークは最初からスムーズに走れました。しかしながら一発のタイムはあるがアベレージ的には刻めずそこには不安がありました。金曜の午後はレースラップをやったのですが、限られた時間の中で連続的にトライしチームがラップを比較してマシンのセットを考えてくれ、そのセットで走った決勝日朝のウォームアップ走行での感触がすごく良く、良いセットが見付けられたのが大きかったですね。ウォームアップ走行後は、普通に走れば勝てるという自信ができました。決勝はスタートこそ出遅れたけど、1周目でトップに出て自分のペースに持っていこうと思ったので積極的に行きました。デグナーで1台抜こうとしたら割とスペースもありスリップストリームも効いてスピードが出ていたので、2台抜いてトップに出ることができました。そこからはもてぎ同様、付いてきたら冷静に対処しよう、来ないなら自分のペースで行こうと考え走りました。走っているときは長く感じたけど、終わってみれば楽しかったですね。チャンピオンが獲れなかったのは開幕戦の失敗が大きかったですが、その経験があったからこそ、タイヤのインフォメーションなどを感じながら、今どれくらいのリスクを背負っているかを明確に把握しながら高いレベルで今走ることができているという面もあると思います。1年間、応援を頂き、ありがとうございました。